フォト
無料ブログはココログ

« 単語の試験 | トップページ | 女王の手 »

2015年8月21日 (金)

甲子園の行方

甲子園が面白い。というか、連日の授業のため、楽しみは甲子園しかない・・・。清宮くんのふてぶてしさは見ていて飽きない。ゆるキャラみたいである。それにしても、高校野球には心の浄化作用がある。懸命に白球を追う姿のみならず、「いつか負ける」「いつか終わる」というはかなさが、よりいっそう瞬間の輝きを際立たせて感動を与えてくれる。

一方で、ミスタードーナツに行くのは飽きてしまった。この夏、ほぼ皆勤賞である。

京都で大学に通う際、車で嵐山の渡月橋を渡っていたが、もはや通学路の一部となり、名所ならではのありがたみは全く感じなかった。むしろ「人が多くて鬱陶しい」とか、「人力車は邪魔だ」などと文句を垂れていた。渡月橋では「振り返ってはいけない」という恐ろしい言われがある。毎回バックミラー越しに後方を見ていたが、大丈夫だろうか。

話は戻るが、私にとって今のミスドはそんな感じである? 渡月橋のように何の感慨も沸かない生活の一部となってしまった。ポイントが溜まるのも当たり前、お代わり自由も当たり前なのである。フレンチ・クルーラーもオールド・ファッションも、もう飽きてしまった。いっそのこと、ざるそばを出してはくれまいか。

夏期講習が終わった。参加した2年生、3年生はお疲れさまだった。2年は毎日の単語テスト、3年生は毎日のイディオムのテストと過酷だったかもしれないが、よく頑張った。2年生は浮き彫りになった弱点にしっかり取り組んでほしい。3年生は9月以降の模擬試験で結果が出るように調整していってほしい。
 
いつも言うように、講習は副菜であり、主菜になってはいけない。8~⒑時間、自学自習に取り組む中のほんの一部を占めるくらいが好ましい。当塾が広ければ、快適な自習室でも設けたいのだが、ご存知のように授業を行うのがやっとの寺小屋である。各自、自習のできる環境を見つけてほしい。

私自身、甲子園熱にあてられて何だかやる気がみなぎっている。この勢いのまま、授業やテキスト作りに精を出そうと思う。望むらくは、ミスドがモニターを設置してくれて、甲子園の決勝戦を観戦できるようにしてくれれば最高である。

« 単語の試験 | トップページ | 女王の手 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1699445/61222642

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園の行方:

« 単語の試験 | トップページ | 女王の手 »