フォト
無料ブログはココログ

« 見栄えより心 | トップページ | 新年の挨拶 »

2015年12月18日 (金)

顎をさすって"Interesting."

”Interesting.”という表現が私は好きではない。というか正確には恐ろしい。誰もが知っているように、この語は「面白い」とか「興味深い」というポジティブな意味であり、"Your idea is interesting."と言われるものなら、大喜びする人もいるだろう。

しかしながら、私はこの語が嫌いなのである。そこまで忌み嫌うのは、カナダでのトラウマ的な体験に起因するところが大きいのだ
が、それを抜きにしても、この語の使用場面や使用状況をある程度調べれば、そこまで素直に心を許せる表現ではないことが分かる。つまり、ネイティブが"It's interesting."と言うとき、果たしてその言葉通りに受け取ってもよいのだろうか、ということである。

カナダのアルバータ大学に入ろうと付属のESLに通っていた頃、工場の生産ラインのように「エッセイ」→「ディベート」→「プレゼンテーション」を何度も繰り返し課せられていた。カナダは日本に負けず劣らずの評価主義社会なので、その全ての課題に細かく厳しい評価が与えられる。そして、低い評価に並んで、コメント欄に
"Interesting."とあるのを見たときには、酷くがっかりしたものである

また、ある時、ディベートで「捕鯨」について議論をしたことがあった。(捕鯨賛成の立場で)必死
に食文化は保護していくべきだと主張しても、オーストラリアではカンガルーを、韓国では犬を、中国では猿を食べると言っても無駄だった。何を言っても、「かわいそうとは思わないのか?」と感情論で返されてしまうのである。正直、大勢を相手に議論を挑まなければならない私の方がよっぽどかわいそうだった。議長をしていた教師が、私が何を意見しても、顎をさすりながら"Interesting"としか返してくれなくなったときに、もうこれは完全に負け戦だと確信した。 

このように、"interesting"は文字通りの意味で使われることは少なく、遠回しの「否定」や「拒絶」、「マイナスの評価」となることがある。
"Interesting."と一言で片づけられるときもあれば、"Sounds interesting, but..."と反論につながっていくこともある。"interesting"とは実のところ、「面白い」ではなく「ううん、いまいち」や「それは違うんじゃないかな」なのである。

抑揚をつけて"Interesting!!"と言えばポジティブに聞こえるかもしれないが、正直そんな"interesting"はあまり聞いたことがない。本当に感心している場合は、"Wonderful!" "Great!" "Awsome!" "Wow!" "Cool!"など別の表現を使う。個人の好みによって別れるが、ネイティブの友人の1人は口癖のように"Fabulous!"を使っていた。

私自身、(特に「捕鯨」の議論で・・・)精神的苦痛を負ったものの、それと引き換えに貴重なことを肌身で感じられて良かった。「語感」や「語のイメージ」というものは、やはり現地で体験しなければ得られないし、これこそ実は英語を習得するうえで最も重要な核であり、最終的に吹き込むべき魂である。ちなみに少し難しいが、このような「言語感覚」のことを"sprachgeful"(ドイツ語)と呼ぶ。

前回のブログと同様になるが、言葉というものは状況や表情、声の抑揚など、他の要素が複雑に絡み合って様々な色合いを放つものである。単語集で"interesting"=「面白い」とだけ覚えるのは何とも無機質で、馬鹿げているとさえ思ってしまうのはそのためである。第二言語として習う以上、最適化(簡略化)して要領よく暗記することは仕方がない。しかしながら、人間のように、それぞれの語にも個性や癖、相性というものが実はあって、無機質な記号として見てはいけない。先程の「捕鯨」の話ではないが、それこそ「かわいそうとは思わないのか?」なのである。

英単語の習得も、また出会いである。そう思えば、単語を覚えていくこと自体が愛おしく楽しく思えてくるはずだ。間違っても、歌ったりゲーム性のある授業が「英語の楽しさ」であると勘違いしないでほしい。最後に、
私が授業で顎をさすりながら"interesting"と言ったら、要注意である。理由は上で述べたとおりだ。決して無邪気に喜ばないように。

« 見栄えより心 | トップページ | 新年の挨拶 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1699445/62579176

この記事へのトラックバック一覧です: 顎をさすって"Interesting.":

« 見栄えより心 | トップページ | 新年の挨拶 »