フォト
無料ブログはココログ

« リフォームの夏 | トップページ | クーラーの怪 »

2016年8月 3日 (水)

どうでもいい話

"ponder"は「熟考する」という意味の語だ。常々「発音がパンダみたい」と思っていたくらいだが、今日ミスタードーナツで新たな発見をした。"ponder"を進行形にすると、"pondering"となる。これに2つの区切りを加えると、"pon-de-ring"(ポンデリング)になるではないか。

なぜ、今まで気づかなかったのか。これまでに何度も食しては、いろんなことを熟考してきたはずなのに。ponは「パン」で、deは「~の」、ringは「輪」であるから、(後ろから見て)「輪のパン」となる。最初はしょうもないネーミングだと思っていたが、今回、新たに「ポンデリングを食して人生を熟考しよう、人間は考える葦なのだから!」のような、隠れたテーマを発見したことにより、評価は一変した。なんて哲学的なネーミングなのだろう。


これに気
づいて、すぐさまその日の授業でこの世紀の大発見を発表した。秘密のおすそ分けのつもりで教えてあげたのだが、悲しいかなリアクションは薄く、何ならむしろ苦笑いである。誰一人感心してくれない。みなの頭の中は、それ程までに「ポケモンGO」で一杯なのだろうか。ちなみに、塾内にはポケモンはいなかったそうだ。

"pon-de-ring"と"don-de-lion"は音的(リズム的)に似ている。後者の語は、以前にブログでも紹介したことがあるが、don[歯]+de[の]+lion[ライオン]→「ライオンの歯」、つまり「タンポポ」のことだ。両者ともに(おそらく)フランス語起源である。

「ミスタードーナツ」は、英語で"Mister Donut"と綴るらしい。「ドーナツ」は本来、"doughnut"と綴るが、アメリカ英語では省略形の"donut"が使われるようになった。よって、店名はアメリカを意識したものなのだろう。しかしながら、イギリス人や言葉にうるさい年寄りに聞くと、"doughnut"と綴るほうが正しいと言い張る。

もう一つ気になるのは、店名のロゴには"Mister Donut"とあり、"Donuts"とはなっていない(複数形のsがない)。そうなると、読み方は「ドーナッ」ではなく、(少し間抜けな感じがするが)「ドーナッ」となるべきだ。"
T-shirt"が本来「Tシャツ」ではなく、「Tシャト」であるべきなのと同じ間違いである。

私のよく行くミスドには、お年寄りも多く、ママ会ならぬババ会(すいません)をよく見かける。電話で待ち合わせの確認をしているのだろうか、なかなか店名の「ミスタードーナツ」が出てこないことがある。「あれよあれ、ドーナツ屋さん」ならいい方で、「ミスターにいるから、ミスターね」と長嶋茂雄になっていたり、「駅の下のマクドナルドよ」と、絶対に会えないのではなかろうか、
こちらを不安にさせるようなことを言うお年寄りもいた。

« リフォームの夏 | トップページ | クーラーの怪 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1699445/66786546

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいい話:

« リフォームの夏 | トップページ | クーラーの怪 »