フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 読者確認?(5/29に1人増) | トップページ | 英語って難しい »

2020年5月27日 (水)

ブログを読もう

コロナの情報は日々更新され、それに混じって不確かな情報や憶測が飛び交う。なので奥さんは、国民全員が一律10万円もらえることさえデマだと思っていた。あるいは単純に安部さんの言うこと(為すこと)が、信じられなくなっただけなのかもしれない。私としては、いっそこのまま奥さんにデマだと思ってもらう方が、もう10万円私の懐に入るのでありがたい(が、どうせバレるだろうし、バレた時の仕返しが怖い)。10万円は確かにうれしいが、それを手放しで喜ぶほど私もバカではない。子供が母親の財布からお金をくすねるのと同じで、そんなことしても晩飯のおかずや戸棚のおやつが質素になるだけであり、結局自分に返ってくるのである。

政府から例のマスクも届いたが、誰がどう見ても小さい。奥さんは、マスク姿の安部さんや、(仕方なしにマスクを着けている)安部さんシンパの議員をTVで見かけるたびに爆笑している。私はそれを傍らで見ているので、笑われると分かって着ける気にはなれない。というか、すでに笑われる不安材料をいくつも抱えているのに、これ以上別のことで笑われるのはごめんである。それでも、デザインも色も極めて平凡であり、ブランド名の刺繍もタグも付いていないのに、一目で「アベノマスク」とバレてしまう点はすごいと思う。すごくシンプルなのに、すごく存在感があるわけだ。カリスマ芸能人が着けていたら若者を中心に流行ったかもしれないが、残念ながら発信源(モデル)は安部さんである。これでは着けることが罰ゲームになってしまう。

ここ最近、コロナのおかげでずっと家にいるので、暇を持て余しては自分のブログを読み返している。昔に遡るほど何を書いたか覚えておらず、それはそれで読者の視点から客観的に読めて良かった。「イケてるつもりで書いてるなー、イケてないのに…」とか、「すごい上から目線やなー、説得力ないのに…」などと顔を赤らめたくなる個所が多々あったが、ごくたまに「へ~なるほど。良いこと言ってるやん」と感心させられる所もあった。生徒のダメ出しばかりでなく、もっと良いとこも書かなきゃなーと思ったり、たまには真面目な英語の話をして威厳を回復させなきゃなーと反省もした。

自慢じゃないが、有名な塾の経営者が書いた本を読んでみたという保護者から、「あんなの内容がスカスカで読めたもんじゃないです。先生のブログの方がよっぽどマシですよ」と褒められたことがある。決して「面白い」とも「為になる」とも言われたわけではないのだが、
それ以来、ひょっとしたら大手出版社の編集長の目に留まって、このブログが「書籍化→ドラマ化」という道をたどるかもしれない、と少しドキドキしてる自分もいる。なので、細々とではあるが諦めずに何かしら書いていこうと思う。

夢のような話はさておき、また内容が面白いか面白くないか、為になるかならないかはともかくとして、基本的に私一人で切り盛りしている塾なので、他所のブログや著書のような「それは代表者の考えであって、他の講師にまで浸透していないでしょ(結局、言ってる人とやってる人が違うでしょ)」みたいなズレはそこまでないと思う。過去のブログをいくつか遡って読んでもらえれば、私がどのような人間で、どのような授業を行っているのかが多少なりとも見えてくるのではなかろうか。と言っておいて何なのだが、どうしても「カッコつけたい」「クールに見られたい」という気持ちが働いてしまうので、その辺は割り引いて読んでもらえれば幸いである。



« 読者確認?(5/29に1人増) | トップページ | 英語って難しい »

コメント

大塩兄です。
久しぶりにブログを見て先生がお元気(?)そうなので安心しました。相変わらずキレッキレのブログの内容で面白かったです。コロナの自粛を機に僕はプログラミングを始めました。和太鼓はイベントも練習も行うわけにはいかずしばらくおやすみ中で、新しい趣味を見つけた気分です。
コロナで大学の授業もオンラインになりました。そのせいで英語のやり取りが大幅に減って、どんどん英語力が落ちていって絶望してます。もしかしたら、またお世話になるかもしれません。また、ご連絡します。

元気そうで何よりというか、大学を辞めずに通っていると聞けて安心しました。

大学の授業はつまらぬものもあるかと思いますが、それでも頑張って通ってください。そしてなるべくなら良い成績を修めて(首席で)卒業してください。

これから景気が悪くなって就職難な時代がやってくると思うけど、ドバイや佐渡島での経験やそれによって培われた感性が助けてくれると思います。その辺の同年代の2倍くらい人生経験が豊富なのではないかな?俺が面接官なら大塩みたいな人間を採るけどね。

お父さんお母さん、弟にもよろしく伝えといてください。
また暇なときは塾に顔を出してね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 読者確認?(5/29に1人増) | トップページ | 英語って難しい »